Apple上層部、以前よりIntelのモデム開発に苛立ち募らせていた

スポンサーリンク
Apple上層部、以前よりIntelのモデム開発に苛立ち募らせていた
 先日5Gスマートフォンモデムからの撤退を表明したIntelですが、同社の開発ぶりについてAppleが何年も前から苛立ちを募らせていたことが分かりました。業界の内部事情に強いTheInformationが報じています。最近に始まったことではなかった16年以降iPhoneのモデムはQualcommとAppleとの係争によって、2018年のiPhoneXS用モデムはIntelがQualcommに遅れを取っていることが明るみになったことで、Appleの動向に注目が集まっていました。
iPhoneがQualcommの5Gモデムを採用するライバルメーカーに性能で劣ることは、何としてでも避けたいからです。 こうした経緯を眺めていると、IntelとAppleとの仲がこじれたのは最近のようにも思えてきます。
しかしTheInformationが明らかにしたのは、Appleのフラストレーションを浮き彫りにしています。
 AppleがIntelのモデムチップ部門を買収するとの観測が出ていたのも、こうした事情を思えば頷けるというものです。
内製化を行うと考えられており、早ければ2021年より自前で調達すると噂されています。TheInformationもレポートで、2025年までには実現させたいとのAppleの考えをスクープしており、遅かれ早かれ内製化するつもりであるのは間違いないでしょう。 実際、Qualcommとの和解前には、AppleがIntelのモデムチップ開発者であるウマシャンカー・ティアガラジャン(UmashankarThyagarajan)氏を引き抜いていたことも分かっています。
[紹介元] iPhone Mania Apple上層部、以前よりIntelのモデム開発に苛立ち募らせていた
介護付有料ねー。 私も以前いたな。 ガッツリ研修とテストとレポート。 実務経験よりテストが受からないと良き介護士として見なさない施設だった。 それにしては、施設長や上層部からのパワハラや圧力がすごく耐えきらず辞めた。 毎日レポートと叱責
New post: Apple上層部、以前よりIntelのモデム開発に苛立ち募らせていた – iPhone Mania http://mo.bi/2019/05/16/apple上層部、以前よりintelのモデム開発に苛立ち募らせ/

コメント

タイトルとURLをコピーしました