Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/buchi4647/thermopylae.biz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

日本人女性の86%「AEDのために男性に衣服を脱がされること」に不快感や抵抗感 男は女性に配慮しつつ迅速な救助を

日本人女性の86%「AEDのために男性に衣服を脱がされること」に不快感や抵抗感 男は女性に配慮しつつ迅速な救助を
1名前:スタス★:2019/08/12(月)21:03:35.96ID:452MRUX89いつ、誰にでも起こりうる心肺停止の怖さ。あなたができる救助の心構え心肺停止時には、倒れた人の服を脱がせた上で電極パッドを上半身に貼り、発生から5分以内にAEDによる電気ショックを与えることが必要です(日本救急医療財団「AEDの適正配置に関するガイドライン」)その際の蘇生率は50%で、5分を過ぎると1分ごとに蘇生率が10%ずつ下がります。日本における救急車の到着時間は平均8.5分。
つまり、救急車の到着を待たず、その場に居合わせた人(あなた)が、すぐに対応することが不可欠なのです。心肺停止という緊急事態が起きたとき、近くにAEDがあれば命を救える可能性が高くなります。
心肺蘇生は一刻を争います。少しでも早くアクションを起こすことが、命を救う最大のカギとなります。そこで「つなぐヘルスケア」編集部では、フィリップスメールマガジン読者を対象に、AED使用時のプライバシーに関するアンケート調査を実施しました。
アンケート結果によると、医療従事者以外の一般の人が救助にあたる場合、「AEDを使うために異性に衣服を脱がされることについて、女性の合計86%が不快感、もしくは抵抗感を感じるとの回答結果でした(下グラフ)さらに、プライバシー配慮については「周りの人から見えないようにしてほしい」という要望も寄せられました。これらのアンケートの回答をふまえ、日本とアメリカでの救急救命士資格をもつフィリップス・ジャパンの成川憲司に、プライバシーに配慮した対応方法と、実際の場面での流れを聞いてみました。
https://www.philips.co.jp/a-w/about/blogs/healthcare/20180915-blog-aed-and-privacy.html続きを読む。
[紹介元] 痛いニュース(ノ∀`) 日本人女性の86%「AEDのために男性に衣服を脱がされること」に不快感や抵抗感 男は女性に配慮しつつ迅速な救助を
RT @Canna74792996: 私の場合、カナダだったら抵抗感ないかも あっと間に、上着をかけてくれる人、野次馬から守ってくれる人、携帯で撮影するバカを注意する人がいてくれると思うから 日本だったら… 抵抗感あるわ 日本人女性の86%「AEDのために男性に衣服を脱がさ…
だから緊急事態に配慮しろって・・・女性にやってもらったらいいんだよ。>日本人女性の86%「Aedのために男性に衣服を脱がされること」に不快感や抵抗感 男は女性に配慮しつつ迅速な救助を https://buff.ly/2yZAcMd
日本人女性の86%「AEDのために男性に衣服を脱がされること」に不快感や抵抗感 これマジですか? 男側からすれば、もしも救命したとしても、あらぬ疑いをかけられる訳ですね いつ、誰にでも起こりうる心肺停止の怖さ。あなたができる救助の心構え - ブログ | フィリップス https://www.philips.co.jp/a-w/about/news/archive/standard/about/blogs/healthcare/20180915-blog-aed-and-privacy.html
よし分かったこれからは男しか助けん。 日本人女性の86%「AEDのために男性に衣服を脱がされること」に不快感や抵抗感 男は女性に配慮しつつ迅速な救助を : 痛いニュース(ノ∀`) http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1992962.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です