【楽しいはずの給食が…】 給食を無理やり口に…相次ぐ完食指導 「強要」やめて

スポンサーリンク
【楽しいはずの給食が…】 給食を無理やり口に…相次ぐ完食指導 「強要」やめて
1名前:ばーど★:2019/05/13(月)17:28:39.83ID:6XIg+xUc9楽しいはずの学校の給食の時間が終わっているのにひとりポツンと教室に居残りをさせられたり…。こうしたいわば“完食指導”の行き過ぎで、体調不良や不登校になるケースが相次ぎ、中には、大人になっても苦しみが続く人がいることを知っていますか。
学校の給食が苦しみの時間に変わったのは、小学2年生の時でした。おなかがいっぱいで残したチーズを担任の教員に無理やり口に押し込まれ、その場で吐いてしまいました。もともと小食気味で、食べるのに時間がかかったという女性。
この出来事がきっかけで教室に行くのが怖くなり、保健室に通う日々が続きました。さらに、中学生になっても厳しい完食指導に直面します。3年生のある日、給食を食べ切れなかった女性は、担任の教員に「これ以上食べられません」と訴えました。
しかし、聞き入れられず、女性はひとり教室に残され、泣きながら食べ物を口に詰め込んだといいます。
この状態が一生続くのかな、どうにかならないかなと思うと語った女性。大人になった今も病院でカウンセリングを受けるなど、完食指導で負った心の傷は癒えていません。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190513/k10011911391000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001続きを読む。
[紹介元] 痛いニュース(ノ∀`) 【楽しいはずの給食が…】 給食を無理やり口に…相次ぐ完食指導 「強要」やめて
抜け毛取りの新しいブラシを買ってやったら、今日は野良野良しいはずのお猫さんが愛に満ちた眼差しで見つめてくる。明日は忘れるんだろうけどw

コメント

タイトルとURLをコピーしました